logo
サイトメニュー
ユリ
植え付け
 鉢に植える場合は、深い鉢を使います。 鉢底に石を敷き1/3くらいのところまで、暖性肥料を混ぜた土を入れます。球根の根を広げて植えこみます。球根の上に同じ分くらいの土が入る様にしましょう。出来たら鉢の下から水が出るくらい水を与えます。  庭植えの場合は、球根の植えつけ1〜2週間前に、植えつける場所を耕します。その時に有機肥料や堆肥など遅効性肥料を混ぜます。巾、深さとも30〜40cmほどの穴を掘り、掘った土を土を10cmほど埋め戻し、球根の根を四方に広げて植えつける。 接ぎ口辺りまで土を入れる。やはり水をじっくりたっぷり与える。かなり深植えをしても問題は無いと思う。

水やり
 庭植えの場合は、一年中ほとんど必要有りません。夏の暑い時期と、秋から冬の乾燥する時期に、よほど長く雨や雪がない時に与えるようにします。地中深く根が張り、茎の太いしっかりしたユリになります。余り頻繁に水をやると根が浅くなり、貧弱で病気や乾燥にも弱い物になってしまいます。水を与える時はたっぷりと与えてください。相当与えたつもりでも、土を掘ってみるとほんの数cmしか水が染み込んでいない事が多いです。  鉢植えの場合は、ユリに水分を与える事以外にも、土中に有る肥料分を水に溶け出させ、根が吸収しやすくする様にする事や、土中に新しい空気を送り込むという役割も果たします。一般的にユリは、乾燥より湿り気を好むので、表面が完全に乾く前に水やりをしましょう。鉢底から水が流れ出るまで与えるのが基本です。

肥料
 庭植えの場合は、球根の植えつけ1〜2週間前に、植えつける場所を耕します。その時に有機肥料や堆肥など遅効性肥料を混ぜます。鉢植えも、球根を植える時に、同様に肥料分を混ぜます。  芽が出て、地上部が成長著しくなる3月下旬から4月上旬に、球根では無く、球根から出た芽の地下部に、上根が発生してきます。この上根に与える為に追肥をします。この時軽く土を耕し、肥料を混ぜ合わせると良いでしょう。  肥料には枝や葉を作る窒素、花や実を作るリン酸、根を作るカリウムの三つの要素があります。この時の肥料は3要素をバランス良く与えてください。  鉢植えの場合は、水やりと同時に肥料分も流れ出るので、成長期に入ったら、月に2度程度、即効性の有る水肥料を与えましょう。  花が終わったら、お礼に肥料を与えます。これは来年の為に球根や木子(*注1)を太らせるための肥料です。これも3要素バランス良く与えてください。

マルチング
 稲わらやピートモスなどの有機質のもので、植えこんだ回りを覆うことをいいます。  本来自生するユリは山の中や、少し湿地にあるものです。落ち葉やコケなどで自然のマルチングの中に生息しています。 冬は乾燥や、霜柱による土中から土上への水分の逆流を防ぎ、梅雨時は、泥の跳ね上がりから来る病気の予防に成り、夏は暑さによる水分の蒸発を防ぎます。  鉢植えも庭植えもマルチングをお薦めします。 *支柱立て  オリエンタル百合などは、一般的に背が高く、雨や風で茎が折れたり、上部がお辞儀をしてしまって、見栄えが悪くなったりという事がよく有ります。 支柱を立てること自体が、見栄えを悪くするという事も言えなくも無いですが、茎の柔らかい物、背の高い物は、特に路地植えでは、台風等から守るという意味でも、支柱立てが必要な場合も出て来ます。必要に応じて早めに支柱を立て、株のバランスや見栄えをよくしましょう。 支柱を立てる際には、地中の球根に気を使いながら、球根を傷つけないように、支柱をさして行きましょう。 支柱と茎は、1箇所だけで留めるのではなく、2箇所以上で支柱に留める様にしましょう。 また、留める際には、支柱と茎に8の字に成る様に留めましょう。 *病害虫予防  一般にユリの球根の99%はウィルスにかかっていると言われています。しかし、しっかり育っていれば発病する事はありません。  冬の球根のときには、乾燥しすぎるとウィルスが発病ます。また、雨による泥の跳ね上がりでも病気が出やすくなります。一年中マルチングをして、乾燥、泥除けをしましょう。背丈の小さな草花を、株の間に植えるもの良い手立ての一つと思います。  害虫としては、まずアブラムシ、他にはヨトウムシ、ネキリムシなどが発生しやすいです。 病気としては、モザイク病、茶色のシミが出来る葉枯れ病(ポトリチシ)などが有ります。予防としては市販されている物を使う事が、一番良いと思いますが、有機栽培を目指す方は、木酢、バイオ防虫法など有りますが、色々試してください。

球根を太らせる
 毎年新しい球根から育てる場合は別として、何年か同じ所で百合を楽しもうと思うときは、翌年のためにも球根を充実させる必要が有ります。  花が咲いてそのままにしておくと、種がつきます。実生栽培をしなければ、種の方に栄養分が行ってしまうので、球根の充実させるには花後の処理をしっかりしましょう。  また、開花期が終わったら、お礼肥を与えましょう。遅効性の有機肥料を一株辺り、一握りくらい与え、同時に中耕して肥料を混ぜ合わせるとより効果的です。花後のお礼肥は、球根の充実の為になります。

植替え
 鉢植えは、一年ごと植え替えをする必要があります。庭植えのものに関しては、3年から5年くらいで球根を掘り起こして、植えかえると良いとされています。 しかし無理やり変える必要も無く、何となく昨年より生育や花の付きが悪くなったと思ったら、植え替えるようにしましょう。 植え替えをしない株は、茎元から切って、緩効性化成肥料を、軽く一握り与えて、来年に備えましょう。  庭植えは、同じ場所に何年も植えておくと生育が弱り、なんとなく生気の無いユリに成っていきます。これは土の劣化による事と、ユリの根から出る物質が原因とされています。  2年目以降は下根が育った状態での発育なので、1年目よりも花の数や背丈が高く、立派なユリになります。2、3年目のユリが一番見ごろのユリという事になります。 植え替えた場所を有機肥料や堆肥を入れて、またユリを植えても、同じように育ちません。

開花調整の話
 ユリは、夏の高温、冬の低温、春の適温を経験して芽を出し成長を始めます。 促成栽培: 秋に冷蔵庫で低温に逢わせ冬を感じさせます、その後冬に暖かくして春が来たと思わせますと、ユリは2ヶ月程早く成長を始め、早く花を咲かせます。 抑制栽培: 冬の低温期にマイナス2度まで温度を下げ低温で球根を眠らせてしまいます、春、夏の間眠らせ、秋に冷凍庫から出して植え付けると、本来夏のユリがクリスマス、お正月にも楽しむ事ができます。 家庭でできる促成栽培: オリエンタル系ユリ(カサブランカ等)の場合。10月中旬、球根を掘り揚げ、湿ったおがくずかピートモスとともにビニール袋に入れ(口はしばらない)、冷蔵庫で10度位で1ヶ月、その後5度位で1ヶ月半貯蔵。1月上旬、鉢に植え付けます。3月頃まで日の当たる暖かい室内で育てます。4月からは外で育てますと、自然開花だと7月に咲くカサブランカを5月に咲かせることができます。


ヤマノイモ
ヤマノイモ(山の芋、学名:Dioscorea japonica)
 ヤマノイモ科ヤマノイモ属のつる性多年草。または、この植物の芋として発達した担根体のこと。ヤマイモ(山芋)、ジネンジョ(自然生、自然薯)とも呼ぶ。 また、中国原産で17世紀に日本に移入されたナガイモ(D. batatas)やダイショ(D. alata)のことをヤマノイモ、ヤマイモと呼ぶことがある。古くは薯蕷と書いてヤマノイモと読んだが、これも本来はナガイモのことである。また、ヤマノイモ属の食用種の総称ヤム(yam)をヤマノイモ、ヤマイモと訳すことがある。

特徴
 本州から四国・九州および、朝鮮半島、中国に分布する雌雄異株のつる植物で、細長いハート形の葉を持ち、夏には葉腋から穂状の花序を付ける。果実は大きな三つの陵があり、それぞれの陵が中に種子を含んでいる。種子のほかに、葉腋に発生するむかごによって栄養生殖する。地下には一本の芋がある。芋は地下深くへとまっすぐに伸び、1メートルを超えることもある。地上部の成長にしたがって芋は縮小し、秋には新たな一本の芋と置き換えられる。赤土土壌で採れたものが、風味がよいとされる。

採取・栽培
 元来は野生の植物であり、かつては山へ行って掘ってくるものだった。イノシシとの取り合いにもなった。 秋になって地上部が枯れる頃が芋の収穫時期である。枯れ残った蔓を目当てにして山芋を探す。芋を掘るには深い穴を掘らねばならないので、なるべく斜面の所を探す。掘る道具は掘り棒・芋掘り鍬と呼ばれる大人の背丈ほどの鉄の棒で、先端が平らになったようなものを使う。蔓が地面に入り込んだところを特定し、その周辺を深く掘り下げて芋を掘り出す。先端まで掘り出すにはかなりの注意と忍耐が必要になる。うまく掘り出せた場合、蔓の先端に当たる芋の端を残して、穴を埋めるときに一緒に埋めておけば翌年も芋が生育し、再び収穫することができる。 現在ではむかごの状態から畑で栽培されており、流通しているのは栽培ものが多い。収穫しやすいように、長いパイプの中で栽培している。 なお、天然のもの(自然薯)は、掘り出した後の孔が放置されると危険であったり、掘り出す行為そのものが山の斜面の崩壊を助長すること等の理由から、山芋掘りが禁止されている場合が多いので注意が必要である。

分類
 小売店などでは本項で述べるヤマノイモ(自然薯)と、ナガイモを混同して販売している例を見掛けるが、ナガイモはヤマノイモ(自然薯)と異なり日本原産の野菜ではなく、また山野に野生化することも無い。また、染色体の数も異なる。

利用法
 基本的に、ナガイモと同じような食べ方をする。このため、混同して売られていてもさほど問題がないともいえるが、風味にはやはり違いがある。 長く伸びる芋を食用にする。この芋に含まれるデンプンは非加熱状態でアルファ化しているため生食でき、すりおろしてとろろにする調理法が代表的。ナガイモと比較すると遥かに粘り気が強く、普通にすりおろしただけだと餅や団子のようになり食べづらいため、白醤油や出汁などを加えてのばす方法が一般的である。とろろをパック詰めした商品(冷凍)もある。 薯蕷饅頭(じょうよまんじゅう)、かるかん、きんとんなど、和菓子の材料にもなる。むかごは主に加熱調理して食用にするが、生食も可。 “山薬(さんやく)”は本来はナガイモの漢名だが、皮を剥いたヤマノイモまたはナガイモの根茎を乾燥させた生薬もこう呼ぶ。これは日本薬局方に収録されており、滋養強壮、止瀉、止渇作用があり、八味地黄丸(はちみじおうがん)、六味丸(ろくみがん)などの漢方方剤に使われる。

類似している植物
 ヤマノイモ科の植物はトコロ種など野生種が数種あり、いずれもよく似ている。むかごを作るものもあるが、食用にならないものもある。 近年、高知県(2006年)や静岡県(2007年)で、ユリ科の鑑賞用植物のグロリオサの球根をヤマイモと間違えて食べ、死亡する事故が起こっている。葉の形は似ていないが、球根の形状が似ている。

関連項目
 ウィキスピーシーズにヤマノイモに関する情報があります。ウィキメディア・コモンズには、ヤマノイモに関連するカテゴリがあります。ヤム トコロ 麦とろご飯 (とろろかけご飯) 食物アレルギー お好み焼き (生地のつなぎとしてすりおろしたヤマノイモが用いられる場合もある)

© 2010 穂の穂゛の た ん ご